開催中の展覧会

2017年712日(水)~7月23日(日)
10:30~22:00
※会期中無休
※日曜日20時まで

「箱からはじまる物語」展

[箱製作]
Zoo factory

[出品作家]  
jobin.
ReguRegu
wataru.N
本田征爾
森迫暁夫
林美奈子
山本祐歳
中村得子
Buoyancy

モチーフを通して見えないものを探る。

手探りの感触、実体の不明瞭さをえがいている。
それが私たちの最初の共通意識だ。

時代か、年齢の為か、単に己の性質か、着地点の曖昧さが引き起こしているのか
身の回りには常に浮遊感がついて回る。

この複合的な浮力(=buoyancy)によってフロートのように浮かぶ各々が
考える浮遊感についての考察を作品として個展を開催する。


2017年8月8日(火)~8月20日(日)
山﨑愛彦展


■山﨑愛彦 Yoshihiko Yamazaki

日常の断片をつなぎあわせて作品を作るマイクロポップ的な手法を用いる。

より断片的であるが今日的な発展形を探す。

https://8da0b6ihiko.myportfolio.com/home

1994 札幌生まれ

2016 札幌大谷大学学術学部 美術学科 卒業

2013 中札内美術村企画公募展 六花亭主催 はたちの輪郭 優秀賞

2014 個展「希薄」(ギャラリーえん 札幌)

2013 北海道美術協会第88回「道展」新人賞

2014 北海道美術協会第89回「道展」佳作

2015 北海道美術協会第90回「道展」協会賞

2016 個展「face(ギャラリー創 札幌)

   北海道作家作品展「2020来たるべき者達」(クラークギャラリー+SHIFT企画、クロスホテル)

   札幌大谷大学平成28年度大谷賞

2017 New Point vol.14(さいとうギャラリー 札幌)

   三菱アートゲートプログラム「第35回チャリティーオークション」出品



2017年8月21日(火)~9月3日(日)
小林知世展



■山﨑愛彦 Yoshihiko Yamazaki

日常の断片をつなぎあわせて作品を作るマイクロポップ的な手法を用いる。

より断片的であるが今日的な発展形を探す。

https://8da0b6ihiko.myportfolio.com/home

1994 札幌生まれ

2016 札幌大谷大学学術学部 美術学科 卒業

2013 中札内美術村企画公募展 六花亭主催 はたちの輪郭 優秀賞

2014 個展「希薄」(ギャラリーえん 札幌)

2013 北海道美術協会第88回「道展」新人賞

2014 北海道美術協会第89回「道展」佳作

2015 北海道美術協会第90回「道展」協会賞

2016 個展「face(ギャラリー創 札幌)

   北海道作家作品展「2020来たるべき者達」(クラークギャラリー+SHIFT企画、クロスホテル)

   札幌大谷大学平成28年度大谷賞

2017 New Point vol.14(さいとうギャラリー 札幌)

   三菱アートゲートプログラム「第35回チャリティーオークション」出品



※8月20日(月)は展示替えのため休業。
※月曜日~土曜日10:30~22:00、日曜日10:30~20:00まで
※8月25日(金)はサッポロアートラボ「長谷川演/デザインの使い方」のため、
イベントにご参加の方以外はご覧になれませんので、ご了承下さい。


杉吉篤展
ATSUSHI SUGIYOSHI EXHIBITION 2017
2017年7月25日(火)~8月6日(日)
10:30~22:00
※会期中無休
※日曜日20時まで
※7月27日(木)はサッポロアートラボ
「民野宏之/本の表紙を描いて」のため、
イベントにご参加の方以外はご覧になれませんので、ご了承下さい。

今後の展覧会

石などを組み合わせた架空の四つ足の獣や魚を長年描いてた杉吉篤さん。
しかし東日本大震災を契機に「人」を作品のテーマにする事を決意。

今展示「家と人」は人間と自然の対峙や調和がテーマとなっています。
家は「自然ではないもの」「自然から人を守るもの」の象徴として描いています。

■杉吉篤(すぎよし・あつし)

1960年由仁町生まれ、札幌在住。
1979年から1年間フランスに滞在。
全道展で1984年佳作賞、86年と87年に奨励賞。
1992年リキテックス賞、95年北エリア賞。2014年から3年ぶりの個展。
全道展、自由美術協会会員。