開催中の展覧会

2014年のマレーシア・ぺナン島リサーチから2017年のカンボジア・バッタンバンリサーチまで、音楽と美術その「あいだ」にある未知なる表現を追い求め続けたAsian Sounds Researchプロジェクトの活動を、映像、写真、作品にて振り返るアーカイブ展です。

カフェスペース片隅での小さな展示は8月6日(日)から始まります。9月6日(水)からはアーカイブ映像を中心に、これまでの旅路の記録を展示します。さらに「OPENGATE 2017」会期終了後に記録を更新し、展示にその様子を反映させる「もう一つの動き続ける展覧会」となります。旅の始まりと終わりとその続きをゆっくりとお楽しみいただける、そんな特別な時間と空間を感じる「部屋」です。


「OPENGATE」の詳細はこちらでご覧になれます。 https://www.soundsresearch.com

「OPENGATEの部屋」特設ページ → https://www.soundsresearch.com/open-gate-no-heya


映像 樋口 勇輝
写真 WinWin/渡部 勇介/松本 美枝子
作品:米子匡司、chi too、Adam Kitingan
キュレーション Sachiko M


札幌国際芸術祭2017公式プロジェクト
Asian Sounds Research Presents
「OPEN GATEの部屋」
OPEN GATE archive room
~動き続けた展覧会、動き続ける記録たち


2017年9月6日(水)~10月1日(日)
10:30~22:00
※会期中無休
※日曜日20時まで
※9月29日(金)はサッポロアートラボのため、
イベントにご参加の方以外はご覧になれませんので、ご了承下さい。
松浦 進 個展
2017年10月3日(火)~10月15日(日)
10:30~22:00
※会期中無休
※日曜日20時まで

今後の展覧会


「ホワイトコレクション」とは、生命循環を主題とした、環境との媒介となるための一種の標本作品です。今回モチーフはコウゾリナ、チョウノスケソウ、ブタナなどの綿毛、アザミの冠毛、オオハナウドの種子などです。
全ては、早春から晩秋までに、自らの手によって採集されたものです。形状を維持するための加工以外は自然のままの姿を保持させています。今回は、白き形状を象徴的に表出させるためのブラックボックスシリーズです。
澁谷 俊彦 個展
White Collection Black Series

2017年10月17日(火)~10月29日(日)
10:30~22:00
※会期中無休
※日曜日20時まで